忍者ブログ

うにぶろっさむ

登れない登れない。 登れないのなら浮かべばいいじゃない! ふろーとふろーと

  • « 2017.11. 
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
2017 
November 21
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010 
April 06
母親泣いた

妹泣いた

私は泣かなかった


図書館からの帰り道、私は車の中で本を読んでいた。

私は本に集中してた。

辺りは田んぼ道、比較的見やすい道だった。

そこは十字路、左側には家があった。

衝撃音と振動が同時に来て、何事かと横を見ると、車が突っ込んでいた。

小さな車だった。前の部分がひしゃげていて少し煙が上がっていた。

強引に下げようとする相手の車。ぎいいときしむ音が鳴り響く。

親が車を降りて相手に怒鳴りつけた。

小さい道とはいえ、十字路の真ん中に車をそのままにするわけにはいかないのか、バックして路肩に車をつける。

親は車から降りて、携帯でどこかに連絡している。

私は車で本を読んでいた。


少しすると祖母が来た。祖母は私たちの心配をしてくれた。

もっと時間がたつと警察が来た。私と妹は祖母の車に乗って待っていた。

ぼーと待っていた。

そのあと、祖母が一応事故のところに行くように言う。

私と妹は事故現場に戻る。

家の車はサイドのエアロが外れていた。助手席側のドアが歪み、閉まらなくなってもいた。

少し待っていたのだが、そのうち妹が泣き出してしまった。

それにつられて母親も泣いた。

私は泣かなかった。


私たちは誰もけがはしていなかった。


事故のとき、私は助手席にいたのだが本に集中していたため、ぶつかったときにその瞬間を見ることはなかった。

逆に妹と母親は私の横に迫る車を見ていたのであろう。



もしかしたら私は今頃、挽肉になっていたのかもしれない。

そんなことは明白であるのに、私は事故の後も車で本を読み続けていた。

心配する人をよそに……である。


私はくるっているのだろうか。
PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Color
Comment
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
この記事のトラックバックURL 
[75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/06 うに]
[05/04 きょーこo]
[05/01 うに]
[05/01 てぃる]
[03/19 うに]
最新記事
(10/20)
(10/20)
(08/19)
(06/28)
(11/09)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
うに
性別:
非公開
趣味:
漫画と遊戯…王?
自己紹介:
たいはいとじだらくをもとめてまわるねこ。

しっぽはいつになったらおいつくの?

ちるだはちょうおんぷに、かえすことばはなく、おとのみ。
バーコード
ブログ内検索
P R

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]